体臭に効くサプリ口コミランキング【最新版】

体臭に効くサプリは?

体臭を防ぐために汗も抑えたい

 

 

良質な汗かどうかは、なんと【リトマス紙】でわかります。質がよかったら酸性(青から赤)、悪かったらアルカリ性(赤から青)になります。もしアルカリ性の反応が出たら、汗腺を刺激することがオススメです!一番効果的なのは、生活習慣(運動、入浴、食事)を見直すことです。

 

まずは、運動です。日頃、運動していない人の汗は、アンモニアのにおいがするそうです。そうならないためにも、早く対応したいですね。運動としては、有酸素運動が効果的です。

 

簡単にできるウォーキングやジョギング、水泳などで、少しずつ体温を挙げて、発汗を促します。毎日する必要はないですが、習慣にすると汗腺を刺激することにつながります!

 

次は、入浴です。入浴中〜入浴後の時間を使って、発汗を促すのも効果があります。入浴中は、湯温を43℃ぐらいにして、10〜15分間、手足をつけます。

 

そのあと、36℃ぐらいに下げて、またつかり、興奮した交感神経を落ち着かせます。入浴後は、体についた水分をしっかり拭き、ちょっとずつ汗を乾かします。同時に、体温をちょっとずつ下げて、服を着るといいです!

 

最後に、食事です。動物性たんぱく質が含まれている、肉や乳製品を減らしましょう。でも、それを減らすと物足りないですよね…。その代わりに豆腐・納豆などの大豆食品やしょうが、ミネラル炭酸水をとります。大豆食品、しょうが、ミネラル炭酸水には、汗を良質にする成分が入っています。プラスとして、いやなにおいを抑えることもできます!

 

頭皮の体臭

 

体臭の一種に、頭皮から発生される臭いがあります。頭皮の臭いは、頭皮自体から出てくるものと、髪の毛から出てくるものがあります。髪の毛の場合、毎日シャンプーしていても嫌な臭いを出すことがあります。それは、髪の毛が空気中の臭いを吸収しやすいからです。

 

タバコを吸っている人の側にいたり、焼肉の煙にあたっただけでも異様な臭いがついてしまった経験があるでしょう。髪の毛自体から発散している臭いではないのですが、一度ついた臭いは洗わない限り落ちないので気分が悪いものです。

 

そんなときには、髪に臭いをつきにくくするスプレーなどを使ってみるのも一つの方法です。髪の毛用の消臭スプレーもありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

 

頭皮からの臭いが気になる場合は、体から発生している可能性がほとんどでしょう。フケを原因としている場合が多く、湿気を含んだフケには特に注意が必要です。頭皮のフケが湿っていると、雑菌が繁殖しやすくなります。なぜなら、雑菌は高温多湿の環境を好むからです。

 

放っておくと皮膚炎にまで発展してしまう可能性もありますから、頭皮から臭いがしているかもしれないと感じたら、早めに処置をしましょう。髪を強い洗浄剤で洗い過ぎるのも、禁物です。

 

必要な皮脂が奪われた頭皮は乾燥し、余分な皮脂を分泌しようとします。それが毛穴のつまりを生んで、汚れがたまりやすくなるのです。髪と頭皮を保つためには、できるだけマイルドにシャンプーできる商品を選んでやさしくいたわりながら洗うようにしてください。

 

人間の目とドライアイ

 

ドライアイの症状は、目が乾いた感じがしたり、しょぼしょぼしたり、ゴロゴロするなどといった症状が現れ、かゆみや充血を伴う場合もあります。放置すると、角膜に傷がついて痛みを感じたり、まぶしく感じるようになったり、視力に影響が出る場合もあります。

 

ドライアイという名前から、潤いを与えればいいように感じますが、涙というのは特殊な成分でできていますから、そうそうは代替できるものではありません。体の機能を正常に戻し、自体的に涙が出るように体調を整えていく必要があります。

 

現代人にドライアイが多い原因は、パソコンやスマートフォンの画面を長時間見ることが増えてきているからで、その間はまばたきの回数が極端に減少し、それによって目の乾燥が怒るというように言われています。その他、気密性の高い住環境や、乾燥したオフィス環境、ストレスフルな生活環境などもドライアイの原因として涙の分泌に影響を与えていると言われています。

 

元々人間の生活では、9割は遠くを見て、1割は近くを見ていたそうですが、文明が発達するようになって近くのものを見る時間が増え、自ら光を発するものを見ることが増えた結果、自律神経のバランスを崩しやすくなっているそうです。

 

今、ドライアイと同じく眼精疲労やブルーライト障害が注目されていますが、これらは同時に起こることも少なくなく、目への影響が大きく長期にわたることが問題視されています。ですから、日々の生活の中でパソコンやスマートフォンに振り回されず、遠くを見たりまばたきを増やしたりと、あるべき人間のリズムに生活を意識して近づけることが大切です。

 

目に良いサプリおすすめ>>>カシスサプリおすすめランキング@これが良かった

 

歳を取ると二日酔いしない?

 

二日酔いに悩む人は多いと思うのですが、飲み過ぎた翌日は気分の不良、疲労感。頭痛などの症状でやるべきことも手につかないというほどひどい人もいます。こうした場合には薬を飲んでもあまり効果を感じることができず、時間の経過を不調の状態でただただ待つというようなことも少なくありません。しかしながら、最近の調査では二日酔いの症状は年齢と共に薄れていくという情報もあります。

 

歳を取ると、アルコールに弱くなったというように感じる人が多いと思われるのですが、この調査によれば、加齢により二日酔いが軽くなる理由がいくつかあるそうです。

 

たとえば、アルコールを飲む機会を経験しながら体内に免疫が作られていったために二日酔に強くなった。また、経験によって飲み過ぎをコントロールできるようになった。また、自分にとって飲みやすい飲み物を選んだり、飲み方を工夫するなど予防策を考えるようになるから、また失敗を重ねるうちに、飲まなくなるなど、二日酔いをしないために体質や考えが変わることが理由なのだそうです。

 

つまり、二日酔いにならなくなるのではなく、二日酔いをしない飲み方を覚えていくので、二日酔いで悩むことが少なくなった、というのが正確な表現なのですね。やはり、加齢と共にアルコールの代謝能力が弱っていきますから、基本的には同じ量を飲むのなら年の功にはかなわずに酔いやすくなっていきます。

 

二日酔いを経験するのがいいことではありませんが、失敗しないお酒の飲み方は早めに覚えておいて損はありません。飲まなくてもいいのならそれが最もいいのかもしれませんが、難しいですよね。二日酔いにこちら

 

更新履歴