何も道具を使わず二重まぶたを作る方法

トップページ > 何も道具を使わず二重まぶたを作る方法

何も道具を使わず二重まぶたを作る方法

二重まぶたになりたいという方は多いと思いますが、プチ整形は費用がかかりますし、リスクもあります。やはり、自力で二重まぶたを作るのが一番安全で安心な方法です。そこで、自力で二重まぶたを作る方法を紹介したいと思います。

 

まず、大切なことはまぶたの脂肪を落とすことです。二重まぶたの人でも目がむくんでいると一重に見えたり、二重のラインが薄くなります。つまり、まぶたの脂肪が二重まぶたのラインを作るためには重要なのです。

 

まぶたの脂肪を落とすことで二重まぶたになりやすくなります。最も簡単なまぶたの脂肪を落とす方法が蒸しタオルを使用するという方法です。

 

まず、38〜41度くらいのお湯で温めたタオルを目の上に5分ほどのせます。その次に冷たいタオルを目の上に1分間ほどのせます。これを寝る前に2〜3回ほど繰り返すだけで良いのです。

 

さらに、まぶたをマッサージするとより効果的です。目尻の横を5回ほど強めに押します。次に、目尻の横を上下に5回ほど強めにさすってあげてください。押すときは必ず指の腹の部分で行い、強く押し過ぎないようにしてください。これで、まぶたの脂肪が燃焼されて二重まぶたができやすくなります。

 

次に自分の自然な二重まぶたのラインを知ることが大切です。まず、眉毛が持ち上がるくらい思いっきり目を開けてください。そうすると、目の淵から3〜5mmくらいのところがくぼんでいるはずです。これが自然な二重まぶたのラインですので、爪楊枝などを使ってラインを引いてください。

 

目を開けたままこの二重まぶたのラインをキープしつつ、眉毛を下げてみてください。最初は難しいかもしれませんが、慣れてくれば二重まぶたのラインができてきますので、ぜひ試してみてください。