PMSになりやすい人

トップページ > PMSになりやすい人

PMSになりやすい人

PMS(月経前症候群)は多くの身体的・精神的な症状が現れる女性特有の症状として多くの人が経験していると言われています。症状の個人差も大きいことが知られていますが、PMSの症状が出ている人の中にはある特徴が見られるということをご存知でしょうか。

 

この特徴は、精神的な傾向に関するもので、たとえば、負けず嫌い、完璧主義、マジメ、几帳面、コンプレックスがある、こだわりが強い、逃避癖がある、何かに依存しやすい、感情を表さずに溜め込む、などがあります。

 

また、肉体的・生活的な傾向もいくつかあり、夜更かし、生活リズムの不安定、自律神経が不安定、冷え性、頭痛、不眠、ストレス系疾患の罹患歴がある、などなどが見られるそうです。

 

こうしたことに該当するほど、PMSの症状が出やすいと言われています。このように考えると日本人女性に多くなるのは間違いないと思うのですが、あくまで傾向であり、だからといって必ずPMSの症状が出るというわけでもありません。

 

また、因果関係はハッキリしないものの、タバコやお酒を好む人も出やすいということが知られています。こういう場合は禁酒禁煙することでだいぶ症状が改善したという例もありますから、もしも避けられるならそうしたものは避けておいた方が無難です。

 

ただ、普段からいかにストレスをためない生活、規則正しい生活をするかが大切かということはこの傾向からも伺い知れますから、ぜひそういった生活を心がけましょう。